組織のコミュニケーションを支援する  

キャリアマネジメントフォーラム  


真・報連相研修


真・報連相とは3つの視点(目的・手段・自己)から情報の共有化を深めるものです。仕事ができる人は報告・連絡・相談の質を常に高め、科学的接近によの7つのステップで仕事を進めています。

プログラムの目的

成果のあがる組織にするための大原則「コミュニケーション」です。
ここではレベルに応じた組織コミュニケーションのトレーニングを行います

プログラム例

時間 プログラム 内容
9:00- オリエンテーション 自己紹介・研修目的の共有
9:30- 報・連・相セルフチェック チェックシートによる
10:30- グループ討議 討議
11:00- 解説 3つの視点・3つの聞き方
13:00- 事例研究 聞く・訊く・聴く・・心で聴くとは?
14:00- 自分研究 ケース発表と改善ポイント
15:00- 真・報連相の極意 レベル表。科学的接近による7つのステップ
16:30-17:00 まとめ

*企業内の実施目的に応じて詳細打ち合わせした上、修正しながら実施します

報連相レベル表

*不許複製

報告 連絡 相談
5段階 *** *** ***
4段階 *** *** ***
3段階 *** 連絡が情報の共有化であることを理解・・他 積極的傾聴で情報の共有化を深めている
2段階 報告の機会に次の指示を求めているし・・・他 *** ***
1段階 報告は正直にという基本原則をわかっている 必要と思うことは都度生情報を流している・・他 上司に「どうしましょうか」と必要な相談をしている・・5W2Hで・・・

***については考えてみてください


関連書籍
  • 真・ほうれんそう読本
    (糸藤正士著)
  • ほうれんそうの技術がみるみる上達する?
    (糸藤正士著)
/